一般社団法人 日本甲冑武具研究保存会

The Association for the Research and Preservation of Japanese Helmets and Armor

日本甲冑武具研究保存会

小田原城常磐木門SAMURAI館は当面の間休館です。開館され次第、また告知致します。


1月17日(日)に予定されていた近畿支部新年会は、感染症拡大の影響により中止となりました。


甲冑武具研究212号が発行されました!

目次詳細はこちらをご覧下さい


 立花家の資料が散逸の危機!散逸の危機から立花家の重宝を守る|柳川・立花家史料館にご支援を

https://readyfor.jp/projects/tachibanamuseum

コロナウィルス感染拡大により、定例研究会が約半年開催出来ていない状況ですが、
ステイホームのお供に過去の研究会の内容を収録したDVDはいかがでしょうか?
販売内容・詳細はこちらをご覧ください。※国内会員限定商品です

バックナンバーを10枚まとめてお求め頂ければ、15,000円のところを12,000円に割引させて頂きます。


小田原城常磐木門甲冑展示替のお知らせ

11月より展示替となりました。会場詳細はこちら


当会会員協力『武具と甲冑』書店にて販売中!!


 

※本サイト内に使用されるすべての画像・文章を許可なく転載、複製、引用、加工等、如何なる目的のためでも一切を禁止します。

当会は、鎧兜を中心に、馬具・陣羽織・旗幟・指揮具など武具全般を対象にした研究と、
後世に伝えてゆくための保存活動を行っております。

黒漆塗本小札紺糸威胴丸具足

黒漆塗本小札紺糸威胴丸具足

(兜鉢は南北朝、胴・喉輪は室町、仕立ては江戸時代。

当会甲冑武具審査「重要文化資料」認定、当会会員所蔵品。)