一般社団法人 日本甲冑武具研究保存会

The Association for the Research and Preservation of Japanese Helmets and Armor

9月近畿支部例会のご報告

9月22(日)午後一時よりエル・おおさか(大阪府立労働センター)において、菅野常務理事より馬具に関する講演を行って頂きました。今回の講演は近畿支部の皆様よりお招き頂き、近畿支部月例研究会として講演を行わせて頂きました。

内容は鞍・鐙・轡・力革をはじめとしたあらゆる馬具に及び、乗馬の経験豊富な菅野常務理事ならではの実用的・実践的なものでした。菅野常務理事に用意頂いた木馬には本歌の馬具が据えられ、実物を見ながらそれぞれの馬具の用途と日本古来の乗馬作法の数々をご紹介頂きました。

また会場には近畿支部の会員の皆様に持ち寄って頂いた馬具が30点以上並び、一点ずつ菅野常務理事に解説頂きました。鎌倉時代・室町時代の古手の馬具や貴重な在銘品など、優品が一堂に並ぶ様は誠に眼福でした。

例会当日は本部・近畿支部併せて30名以上の会員が集まり、大変盛況な例会となりました。今回の講演に向けて事前に準備頂いた近畿支部会員の皆様には、本部会員一同を代表してこの場でお礼申し上げます。誠に有難うございました。