一般社団法人 日本甲冑武具研究保存会

The Association for the Research and Preservation of Japanese Helmets and Armor

5月1日(日)本部月例研究会のお知らせ

「尾張具足の胴甲 持寄り研究会」

平素より当会の活動にご協力を賜り誠に有難うございます。次回研究会の概要は下記の通りです。

蔵品をお持ち寄り頂く際は、事務局まで事前にご一報下さい。

【日時】令和4年5月1日(日)13:00~16:00(閉場16:30

【会場】水稲荷マンション 1階 参集室(上記PDFを参照下さい)

【内容】「尾張具足の胴甲 持寄り研究会」講師:菅野 茂雄(当会常務理事)

尾張徳川家に多用された尾張具足の胴甲を中心に考察発表・意見交換を行います。

【尾張具足の特徴】五枚胴、鎬筋立、前立挙一段、後立挙二段、長側三段、

胴尻の形状が起伏のある山道有など

【費用】会員 1,000円(非会員1,500円)※当日現金でお支払い下さい

【注意事項】

・当日はマスク着用の上お越し頂き、受付で検温・手指の消毒を済ませてからご入場ください。

・会員の蔵品に触れる際は所蔵者の確認を取ってから、手指を清潔にした上で触れるようお願い致します。

・感染状況によっては、4月以降の本部月例研究会を再び休止する可能性がございます。予めご了承ください。

テキストのコピーはできません。