一般社団法人 日本甲冑武具研究保存会

The Association for the Research and Preservation of Japanese Helmets and Armor

【販売終了】『日本甲冑論集』特別販売

6/25(土)を以て売切となりました。多数のご注文、有難うございました。

『日本甲冑論集』特別販売のお知らせ

平素より当会の活動にご協力頂き、誠に有難うございます。この度、甲冑研究の大家・山岸素夫氏の著書『日本甲冑論集』(初版)を会員限定で特別販売致します。限定22冊・会員限定販売 お一人様2冊まで 在庫が無くなり次第販売終了とさせて頂きます。甲冑研究の後援を目的に行うものです。転売目的でのご購入はご遠慮ください。詳細は下記の通りです。

【題名】山岸素夫・著『日本甲冑論集』(初版) 株式会社つくばね舎・発行

【価格】11,000円(別途送料)(定価15,000円のところ、4,000円お値引きしてご提供致します)

【内容】箱付きハードカバー・453ページ(新品ですが、外箱にシミ・傷ございます)

甲冑に関する論考のみならず、全国の有名な遺例の調査報告・寸法表・小札配列図等の計測など多数掲載!

【注文方法】メールspyc23a9@wing.ocn.ne.jpまで、氏名・注文冊数(2冊まで)をお伝えください。

【目次】冒頭にカラー・白黒の図版あり

第一章 甲冑論編

平安時代兜鉢の様式とその変遷

釧路市緑ヶ丘出土星兜残欠の一私見

装飾金物としての篠垂の発生とその変遷

細川頼有所用白糸妻取威(袖欠)の考察

中世大袖の規格化と甲冑用タカバカリの考察

大山祇神社蔵胴丸鎧の製作年代に関する一私見

甲冑の威毛にみる南北朝・室町時代の好尚

余市町大浜中出土異式の胴丸残欠についての一考察

出陣影と合戦絵に認める水呑の緒の取付法

中世腹巻の長側に認める甲冑軽快化の志向

当世具足論序説―「当世具足形成期」の遺例を論ず

厳島神社蔵雲龍文蒔絵仏胴具足の考察

細川家伝来三斎流具足の特色とその変遷

三斎流の具足師西村与左衛門とその門流

細川光尚所用奈良岩井派の製作になる具足の二遺例を論ず

甲冑寸考

第二章 調査報告編

厳島神社蔵国宝小桜威大鎧

メトロポリタン美術館蔵白糸妻取威大鎧(兜・袖欠)

島津家伝来中世笠𩊱残欠の二遺例

川上村朝拝筋目衆共有・北山宮自天王所用縹糸威胴丸(兜・大袖付)

春日大社蔵黒韋威胴丸(兜・大袖付)

第三章 鉄小札・革小札配列図、拓影、甲冑諸元一覧表

鉄小札・革小札配列図

国宝黒糸威大鎧(厳島神社蔵・平安末期)

重文白糸妻取威鎧(永青文庫蔵・鎌倉末~南北朝初期)

白糸妻取威鎧(メトロポリタン美術館蔵・鎌倉~南北朝初期)

重文黒韋威胴丸(広袖付)(三橋家蔵・南北朝時代)

重文縹糸威胴丸(林原美術館蔵・南北朝末期)

重文黒韋威胴丸(春日大社蔵・室町初期)

重文紅糸中白威腹巻(太山寺蔵・室町中期)

重文色々威胴丸(松浦史料博物館蔵・室町後期)

重文黄櫨匂威大鎧残欠弦走韋下(甘南備寺蔵・平安後期)

黒韋腰白威二方白二十二間総覆輪筋兜(メトロポリタン美術館蔵・南北朝期)

色々威腹巻(酒匂家蔵・室町末期)

国宝浅葱綾威大袖(厳島神社蔵・鎌倉後期)

白糸妻取威大袖(メトロポリタン美術館蔵・南北朝期)

黒韋肩白威大袖(関保之介氏旧蔵・室町初期)

重文縹糸威大袖(川上村朝拝筋目衆共有・室町初期)

重文黒韋肩白威大袖(橋弁慶山保存会蔵・室町後期)

重文黒韋肩紅威大袖(厳島神社蔵・室町後期)

黒韋肩赤威大袖(友田家蔵・室町後期)

この他、拓影・甲冑諸元一覧表(寸法・重量・組糸配色表など)などが図や表でまとめられています。

テキストのコピーはできません。